所さんお届けモノです!スカッと気持ちいいグッズ5選!プレゼントにもおすすめ


9月9日「所さんお届けモノです」は所ジョージさんに使ってもらいたい、思わず「気持ちいい」と言ってしまうモノが集合。

頭専用マッサージ器具、濡れている綿棒、「シュッぽっ」と何度でも聞きたくなるような音の鳴る栓抜き、なんでもスパスパ切れるハサミ、ストレス発散できそうな瓦割りなど、使って気持ちよくなるものばかりです。

ちょっと変わったものや今までにみたことないアイテムなので、プレゼントやプチギフトなどでも喜ばれそうでおすすめです。

頭専用マッサージ器具
ルルド ソニックヘッドスパ 
エイリラン AX-KXL3500

マッサージグッズで有名な「ルルド」さんの頭専用マッサージ器具。
送料無料です。

頭にすっぽりとかぶせスイッチを入れると、タコの足のような10本のアームが音波振動、頭に心地よい刺激を与え頭全体をマッサージしてくれます。

防水仕様なのでお風呂の中でも使用可能、おウチで簡単にヘッドスパが堪能できます。
寝る前に使うと睡眠を促す効果があるとのことなので、不眠症でお悩みの方にもおすすめです。

自動オフタイマーが付いているのでそのまま寝ちゃっても大丈夫ですよ。

5000円台とお手頃なので女性やお疲れ気味の方へのプレゼントにもおすすめです。

冷やしてヒヤッと快感
ぬれている方がいい綿棒

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山洋 ぬれている方がいい綿棒 50本〔綿棒〕
価格:278円(税込、送料別) (2018/9/9時点)

国内トップシェアの専門メーカーが作った「ぬれている方がいい綿棒」。

この綿棒は冷凍庫で凍らせて「冷やし綿棒」にすることでヒヤッとクールな気持ちよさを味わうことができます。
夏のお風呂上がりとかに使うとサイコーに気持ちよさそう。

綿100%の綿にペパーミントが含まれているので冷凍庫でも完全には凍らず絶妙なひんやり感があって、耳掃除が快感になること間違いなし。

寒い時期は電子レンジでチンするだけでじんわり温かい綿棒としても使えます。

お安いしちょっとしたお礼の品として贈ったら老若男女問わず喜んでもらえそうですね。

どんなモノでもスパスパ切れるハサミ
THEシザーズ

人気雑貨店「THE SHOP」さんのはさみ。 

最初から最後まで切れ味が変わらない気持ちいい切り心地が特徴。

ふつうのハサミでは切りにくいプチプチ(緩衝材)などもスパスパ切ることができます。

おしゃれな木箱に入っているので、物作りが好きな方へのプレゼントにもおすすめですよ。

こちらの「THE」シリーズには
・皿に書いた油性ペンを落とせるスポンジ
・絶対に液だれしない醤油差し
など職人のこだわりのグッズがいろいろと揃っていますよ。
check>>>シリーズ「THE」

シュッぽっという音がたまらない
栓抜き「POSHU(ポシュ)」

漫画みたいに「シュポッ!」という音が鳴る栓ぬき

シャンパンを開ける時のような爽快な音とともに栓が抜けるのでテンションが上がりますよ。
パーティーや宴会などにもってこいです。

音とともにフタも勢い良く飛び出るので飛び出し防止のカバーもあり。

ほんとに冗談のように小気味良い音が鳴るので、これには所さんも大興奮!
何本も栓を抜いていました(笑)

たかが栓抜きと侮ることなかれ、1回使うとクセになるアイテムです。

スカッとしてストレス発散!
何度でも使える瓦割り
格闘技グッズ「かわらん」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ISAMI】何度も使える試割用品 『かわらん』 (1枚)
価格:2106円(税込、送料別) (2018/9/9時点)

なんちゃって空手ごっこが楽しめる「かわらん」。
瓦割りの練習用に造られました。

プラスティック製で2枚の板を組み合わせてあるので、何度でも繰り返し使うことができます。
(消耗品なので永久的に使えるわけではなし)

これは1枚ですが2枚重ねて使用することも可能。

空手の練習用に作られただけあってちゃっちい感じではなくちゃんと力を入れないと割れないようですよ(レビューより)
ストレスが溜まっている時に気合入れて割るとスカッとしそう。

子供さんにプレゼントしても喜んでもらえそうです。

まとめ

今回はとにかく気持ちいいグッズが集められていました。
自分で買うにはちょっとアレだけどもらったら嬉しいグッズでしたね。

自分では買わないからこそプレゼントしたら喜ばれそうで、ルルドのヘッドスパは女性が喜びそうだし瓦割りは子供さんにウケそう、ぬれている綿棒はちょっとしたプチギフトにもよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする