美白・しわ改善ならコレ!おすすめの最新医薬部外品スキンケア化粧品をご紹介


暑くなるとともに気になってくるのが夏のスキンケア。

紫外線対策をしないとシミやしわの元になるのでしっかりとした美肌対策が必要です。

そんなスキンケアで最近注目を浴びているのが「医薬部外品」。

厚生労働省にその効能をしっかり認められている化粧品なのでしみやしわ改善などが期待できます。

今回は5月28日「スッキリ」で紹介された、ポーラのリンクルショットなど今その効果に注目の集まっている人気のスキンケア化粧品をご紹介したいと思います。

医薬部外品と化粧品の違いは?

化粧品の後ろに記載してある「医薬部外品」の文字。

医薬部外品
厚生労働省に特定の効果が認められた商品

よく飲み薬に使用されていましたが、最近では化粧品の効果が高まってきていて特定の機能を厚生労働省に認められているコスメも続々と出てきているんだそう。

厳重なチェックの結果その効能効果を承認しているので、国のお墨付きである医薬部外品のスキンケア化粧品は美白やシワ改善したい方におすすめです。

しわ改善 医薬部外品
POLA ポーラ
リンクルショット メディカルセラム

「POLA(ポーラ)」さんのしわ改善医薬部外品「リンクルショット メディカルセラム」
送料無料

昔からしわに対するコスメとして有名でしたが今までだと「感想による小じわ・しわを目立たなくする」としかいえませんでした。

しかしポーラさんがしわの改善メカニズムを発見したことで日本で唯一「シワを改善する薬用化粧品」としてうたえるようになりました。

その効果は抜群で発売から1年半で、1万円を超える高額な化粧品にもかかわらず約121万本(約164億円)を売り上げています。

楽天市場で購入した方のレビューも173件中4.14と高評価。
レビュー内容は

●うわさ通りしわが目立たなくなり驚いた
●今までいろんなシワ対策の美容液を使ったが一番効果を実感
●何本もリピートしている
●べたつかず使い心地はとても良い
●乾燥している冬にもかかわらずしっとりしている
●本当に効果を感じる
●小じわが目立たなくなった
●気になるほうれい線が気持ちうすーくなってきた
●これ以上しわが深くならないようにと使っている

レビューをみてとにかくリピーターが多いという印象。
それだけ効果を実感しているということなんでしょうね。

しわに有効的な医薬部外品
資生堂 エリクシール
エンリッチドリンクルクリームS

資生堂「ELIXIR(エリクシール)」のしわを改善する医薬部外品「エンリッチドリンクルクリームS」。
送料無料

しわへの有効成分として認められた「純粋レチノール」が配合されています。

これによりヒアルロン酸を生成、水分量が増加することでやわらかい肌にしてしわを改善します。
ハリを保つコラーゲンGLも配合。

こちらもドラッグストアなどで人気で欠品(品切れ)するほとなんだとか。

美白に有効なコウジ酸配合
KOSE コーセー
インフィニティ パーフェクティブホワイト

「KOSE)コーセー」さんの美白美容液「インフィニティ パーフェクティブホワイト」。

美白に有効な「コウジ酸」を配合。
このコウジ酸は美白に有効な成分の中で一番分子が小さいので肌の奥まで浸透、メラニン生成の抑制や肌荒れに効果が期待できます。

しみとしみによる肌荒れに同時に効果を発揮する医薬部外品の美白美容液です。

マスクのおまけがついたパーフェクティブホワイトキットもあります。

パーフェクティブホワイト本体とローション&セラム(どちらも医薬部外品)の入ったキット。

バイタルコンフォートマスクのおまけ付きです。
こちらは送料無料

シミのもとを無色化する医薬部外品
ワンバイコーセー ONE BY KOSE
メラノショットホワイト薬用美白美容液

「ワンバイコーセー(ONE BY KOSE)」さんの「メラノショットホワイト」薬用美白美容液。

こちらも天然由来成分「コウジ酸」を配合
シミの発生を抑制しシミのもとを無色化、くすみのない明るい印象の肌にする医薬部外品です。

まとめ

「医薬部外品」というと薬用もしくは薬として肌荒れ改善というイメージが強いというのが個人的な印象でした。

今は医薬部外品という国がしわ改善や美白に効果効能を認めた化粧品があるので心強いし、同じ化粧品だったらそちらを使う方が間違いない気もします。

ポーラさんのリンクルショットはかなり前からしわ改善にいいと有名でしたが医薬部外品となったらなおさら期待できますね(ちょっとお高いですけど)。

私もおでこのしわが気になるので使ってみたいですね。

今週からぐっと日差しが強くなり暑さが増してきましたね。 そうなると気になってくるのが「紫外線」。 絶対美白じゃなきゃイヤという方...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする