マツコの知らない世界マニアおすすめ紅茶&ティーカップ!おいしい入れ方もご紹介


5月29日マツコ・デラックスさんMC「マツコの知らない世界」は「紅茶」の特集。

ゲストの紅茶マニア・吉田さんが選ぶ簡単に飲めておいしいおすすめの紅茶と紅茶を飲むときに使いたいティーカップをご紹介。

高級な茶葉やカップもありますが、もっと気軽に楽しんでほしいとおなじみのブランドの紅茶もあるので今すぐにでも楽しめそうです。

楽天市場での紅茶売れ筋ランキングはこちら。
check>>>楽天市場 紅茶 人気の売れ筋ランキング

紅茶マニアの吉田さんは紅茶が好きすぎて本場スリランカに紅茶の農園を購入。
その広さはなんと甲子園6個分だそう。

リーフルダージリンハウス
ダージリンファーストフラッシュ&アールグレイ詰め合わせ

最高品質の茶葉を販売している銀座「リーフルダージリンハウス」さんのダージリンファーストフラッシュ(春摘み)とアールグレイの詰め合わせ。

インドの標高2000㍍で採れた春摘みのダージリンは高級紅茶だそう。
飲んだマツコさんからは「緑茶みたい」と。

LIPTON リプトン
サー・トーマス・リプトン

黄色いパッケージでおなじみの「リプトン」さんの「サー・トーマス・リプトン」ダージリン12袋入り。

厳選された茶葉を使用したプレミアムシリーズです。
1杯あたり約27円。

ティーバッグが三角になっていて従来のタイプより茶葉の味と香りが出やすくなっています。

あっさりとしたダージリンにおすすめのお菓子は砂糖の甘さをしっかり感じられるチョコレートや羊羹など。
(ロッテチョコパイ・ルマンド・キットカットアルフォートなど)

紅茶トワイニング TWININGS
ザ・ベストファイブ

「TWININGS(トワイニング)」さんのバラエティアソート「ザ・ベストファイブ」。
英国王室御用達です。

ダージリン・アールグレイ・レディ・グレイ・セイロンオレンジペコ・プリンスオブウェールズの5種類詰め合わせ。

この中でも吉田さんおすすめは「プリンス・オブ・ウェールズ」。
元皇太子・エドワード8世のために作られたブレンド紅茶です。

こちらのプリンス・オブ・ウェールズはちょっとクセがありますが油っこいものと一緒に食べると美味しいので揚げたおせんべいなどと相性が良いそう。
(歌舞伎揚げなど)

WEDGWOOD ウェッジウッド
カップ&ソーサー ワイルドストロベリー

超有名洋食器ブランド「WEDGWOOD(ウェッジウッド)」さんのカップ&ソーサー「ワイルドストロベリー」。

飲み口が広がっているので光が差し込み紅茶の色がきれいにみえます。

ウェッジウッドにはあまりない総柄で、野いちごがカップいっぱいに描かれています。
結婚のお祝いなどでもよく贈られています。

WEDGWOOD ウェッジウッド 
フェスティビティアイボリー

こちらもウェッジウッドさんのクイーンズウエア「フェスティビティアイボリー」。

シャルロット王妃がお気に入りだったことで人気になったカップ&ソーサーです。
マツコさんもお気に入り。

電子レンジでチンすることも食器洗浄機でも使用可能なので普段使いにもOKです。

Spode スポード  
ティーカップ&ソーサー ブルーイタリアン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポード (Spode) ブルーイタリアン ティーカップ&ソーサー
価格:4536円(税込、送料別) (2018/5/30時点)

イギリスのブランド「スポード」さんのカップ&ソーサー「ブルーイタリアン」。

スポードさんはイギリス王室御用達ブランド。
このブルーイタリアンは知名度も高いロングセラーの人気デザインです。

こちらも電子レンジ&食洗機使用可能です。

HEREND ヘレンド
ティーカップ&ソーサー フォーシーズン

ヨーロッパの貴族たちに愛されてきたハンガリーのブランド「ヘレンド」

すべて手描きで描かれているので絵柄の位置や色などが異なるため、同じシリーズでも全く同じものはない世界に一つだけのティーカップ&ソーサーです。

番組ではヘレンドのカップ&ソーサーがたくさんでてきましたが、マツコさんが良いと選んだこの「フォーシーズン」と「トゥッピーニの角笛」「ゲデレ」は高額トップ3。
どれも10万円超えでした。
確かに素敵でしたけどね。

紅茶マニア・吉田さん流
おいしい紅茶の入れ方

紅茶マニアの吉田さんがおすすめする紅茶の美味しい入れ方はこちら。

おいしい紅茶の入れ方
●100℃に沸かしたお湯を使う
熱湯で入れるのがポイント。熱湯で入れると茶葉のえぐ味が出にくいんだそう。
●フタをして2分以上蒸らす
ティーカップのソーサー(受け皿)などをかぶして蓋をして茶葉を蒸らします。
ソーサーを使うのは正式なマナーとかではなくあくまで吉田さん流。
●ミルクティーの場合はミルク・イン・ファースト
牛乳から先にカップに入れると風味が落ちにくいそう。

ティーバッグの場合、紅茶マニア吉田さんはカップにお湯を入れてからティーバッグを入れていました。

まとめ

紅茶っておもてなしとかの非日常の飲み物みたいな気がしてましたが、紅茶マニアの吉田さんからするともっと気楽に楽しんでほしいとのこと。

コーヒーと違って紅茶ってなにかアテといいますか、食べ物込みで楽しみたい飲み物だと個人的に思っています。

毎日緑茶ばかり飲んでいますがたまには紅茶も飲みたくなってきましたね(できればルマンドで)。

5月22日「マツコの知らない世界」は「バターの世界」。 1ヶ月にバターを1Kg食べるバターマニア長尾さんがバター大好きマツコ・デラ...