嵐の映画2007「黄色い涙」ブルーレイ発売決定!懐かしい昭和が堪能できる青春映画


アイドルグループ嵐さん主演映画「黄色い涙」のブルーレイが発売されることが決定しました。

昭和を生きる青年たちの青春と葛藤を描いた映画で2007年に公開。
主演する嵐さんは全員20代、しかも昭和の高度経済成長期というレトロ感溢れる時代設定なので「ピカンチ」シリーズとはまた違った魅力を堪能できるファンには嬉しいブルーレイ化です。

嵐 映画
Blu-rayブルーレイ
「黄色い涙」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黄色い涙【Blu-ray】 [ 二宮和也 ]
価格:3492円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)

楽天で購入

こちらは2007年に発売されたDVDのブルーレイ版になります。
発売日は2018年12月26日

DVDにも付いていた東京グローブ座の限定映像(7分)も特典として付いています。

日本語字幕と英語字幕の両方が付くのも嬉しいですね。

2007年公開・嵐主演×犬童一心監督「黄色い涙」待望のBlu-ray化!

2007年4月4日全国公開した映画「黄色い涙」。
「ジョゼと虎と魚たち」「眉山」「ゼロの焦点」「猫は抱くもの」などを手掛け、「のぼうの城」では樋口真嗣監督と共同でメガホンを取り、日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞するなどの経歴を持つ犬童一心監督が、故・永島慎二の伝説的青春コミックを映画化した作品。

公開当時20代前半であった若き『嵐』が“夢あふれる5人の若者”をみずみずしく演じ、甘酸っぱくも胸に迫るストーリーが世代を超えて共感を呼び全国85館で上映され、興行収入2億を超える大ヒットとなった。
ひとつの出来事をきっかけに出会う若者たちの、純粋な夢と、希望と挫折、そして出会いと別れを通して、成長する姿をリアルに描く青春群像劇、ついに待望のBlu-ray化!

<ストーリー>
昭和38年夏、六畳一間のアパートにはあふれるほどの夢と自由があった

日本が高度経済成長に沸いた1963年。
人々はみな未来に希望を持ち、夢を語らい生きていた時代。
都心から僅かに離れた阿佐ヶ谷界隈に住む五人の若者も例外ではなかった。
漫画家の村岡栄介(二宮和也)、歌手の井上章一(相葉雅紀)、画家の下川圭(大野智)、小説家の向井竜三(櫻井翔)、そして岩手から集団就職で上京、一人前になるべく、まじめに働く勤労青年の勝間田祐二(松本潤)。
ひとつの出来事をきっかけに六畳一間のアパートで若き芸術家4人はその日暮らしの共同生活を始める。
貧しいながらも笑い声の絶えない宴のようなひと夏の日々が過ぎていき、やがて彼らの前には現実の壁が立ちはだかる・・・。

嵐さん全員が主役の映画ですが、その中でも二宮和也さんが特に中心となっています。
二宮さんは昭和の感じとか悩んで葛藤する姿がよく絵になる方なので雰囲気としてもピッタリですね。

昭和が舞台ということで全員キラキラアイドルの姿は封印されていますが、特にビックリするぐらいビジュアルが変わっているのが櫻井翔さん。
小説家を目指す青年という役どころですが、モジャモジャ頭に無精髭と今の王子様のような櫻井さんからはちょっと想像できないくらいの変貌ぶりですね。
「きっと大丈夫」の頃のアレです。
(でもあれはあれでカッコいい)

嵐さんはみなさんライブなどではオーラがすごいのに、昭和とかのふつうの青年役がしっくりきますね。
「ピカンチ」はどちらかというとコメディ要素が強かったので、もっとシリアス的なものが観たい方におすすめです。
シリアスというか青春群像劇かな。

私も楽天でポチッとしたのでブルーレイで觀るのが楽しみです。

その当時映画公開を記念して山コンビがANNに出演!

2007年当時「黄色い涙」公開記念と初の東京ドーム単独ライブを控えて、山コンビのお二人がオールナイトニッポンに出演されました。

その中ではクイズとして
●映画の中でほんとにおならしちゃった人は?
●松本潤さんの映画の役でのかつらの毛を実際にカットした人は?
●二宮さんの野球での初打席の成績は?
など出題。

山コンビがお二人でキャッキウフフしながらラジオをやっているのにほんわかしました。

お互いの口癖を言い合ったり、大野さんの変なジングル前セリフがあったりと今では考えられない贅沢なラジオでした。
(確か大野さんは「ふつうに」とか「単純に」とかで櫻井さんは「クソ〇〇」だったと記憶しています)
(この頃はまだファンでなかったので後に某動画サイトで聞きました。あの音源まだ残ってないかなー)

確かこの映画撮影時にアルバム「TIME」が出る頃で、大野さんが映画撮影の合間に「Everybody前進」のフリを考えていたり、自分で勝手に期限を決めてフィギュアを作っていたのもこの頃でしたね。

またお二人でラジオやっていただきたいと切に願っております。

まとめ

2007年の映画がブルーレイ化ということでファンの中には改めて買おうという方もけっこう多いようですね。

ブレイク前のお仕事は映像化されていないものも多いのでこれを機会に全部映像化するというのはいかがでしょうか。
(特に山二人のソロコンサートとドリアラの映像など)。

今の嵐さんも素敵ですがリアルタイムで見れなかった頃をみたいというファンは多いと思います。
なんなら「まごまご嵐」や「Gの嵐」「宿題くん」なんかもセットでも買いまっせ\(^o^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする