炊飯器を買いたい方必見!中居正広さんにおすすめ最新ヒット炊飯器2018


2月19日「なかい君の学スイッチ」ではなかい君からの疑問として「買ってよかったおススメの炊飯器をおしえて」という緊急企画が。

なんとMC中居正広さんの自宅の炊飯器の蓋が炊飯の途中で開いてしまうとのこと(笑)

そこで家電芸人として有名なペナルティ・ヒデさんがコンシェルジュとなり最新型の炊飯器を3つ厳選。
糖質を33%カットできると話題のものから専門家がおススメのもの、昨年大ヒットして芸能人も多数愛用しているという人気ブランドのものなど、炊飯器の購入を検討している方必見です。

ダイエットにピッタリ
サンコー
糖質カット炊飯器

今話題の「糖質カット炊飯器」。
(限定予約商品です)

最近のダイエットメニューはローカーボ(低炭水化物)の糖質制限が定番。
そんな時代に合わせて発売されるのがこちら。

なんとお米をふつうに炊くだけで糖質を33%カットするというのだから驚きです。

糖質をカットできる仕組み
●お米を炊くときに糖が溶けだした煮汁を排出

●別タンクから新しく水を注水して再び炊き上げる
(蒸す用で水を入れるので米がパサつかずふっくら仕上がる)

いつものご飯が低糖質に変わります。

お米をたくだけでなく蒸気で肉や魚を蒸す「蒸し料理」もできます。

この仕組みにもビックリですが、特筆すべきはお値段。
なんと29800円(税込)

近頃の炊飯器は高額なものが多いのでこの価格には正直ビックリです。

この糖質カット炊飯器は楽天市場の炊飯器売れ筋ランキングにもランクインしています。
check>>>楽天市場 炊飯器 人気の売れ筋ランキング

炊飯器のプロがおすすめ
パナソニック
Wおどり炊き SR-SPX107-RK

パナソニックさんの「Wおどり炊き」。

炊飯器を知り尽くした家電ライター・コヤマタカヒロさんのおすすめ。
自分でも60台の炊飯器を試してきて、次に買うのはコレと決めているんだそう。

家電プロのおすすめポイント1
●お米を10段階に炊き分けることができる

圧力や火力の調整で様々な食感やかたさに炊き分けできる「銀シャリ10種類炊き分け」機能がついています。
それによって炒飯や丼ものやお弁当などご飯を最適な形で提供することが可能。

50種類のお米の銘柄を炊き分ける「50銘柄炊き分けコンシェルジュ」という機能もあり。
それぞれの銘柄に合わせた炊き方を自分で判断することができます。

そしてネーミングの「Wおどり炊き」とは圧力と火力をかけて米を躍らせながら炊くので美味しく炊き上げる機能のことだそう。

家電プロおすすめポイント2
●スチーム保温機能

ふつう保温すると色がついたりかたくなったり臭くなったりと炊いたときより劣化してしまいますが、こちらの炊飯器はスチームを噴射することで溶けだした旨味をコーティングし炊き立ての美味しさをキープすることができます。

コヤマさんが試したところ12時間経っても炊き立てと変わらなかったんだそう。
スゴイですね。

早炊き機能も付いていて20分くらいで炊き上げることができます。

芸能人も多数愛用
VERMICULAR
バーミキュラ ライスポット

超人気「VERMICULAR(バーミキュラ)」の高気密鋳物ホーロー鍋とIH調理器専用ポットヒーターが合体した炊飯器。

昨年大ヒットし芸能人も多数愛用する「世界一美味しいごはんが炊ける」という炊飯器。

累計5万台売れている大ヒット家電で、超一流のレストランも導入しているんだそう。
あまりの人気になんと4カ月待ち。

スタジオで試食したところあまりお味に頓着しないという中居さんも絶賛。

美味しくなる理由は「内ブタがない」こと。

保温用にある内ブタをなくすことで保温機能も除去。
それにより釜の中で高温と冷たいフタの間で対流が起こり、1粒1粒ムラなく炊けるとのこと。

白米と玄米が炊けおこげもできます。
おかゆも作ることができます。

バーミキュラは鍋も話題になりましたね。
ルクルーゼやストウブと並んで大人気ブランドなので4カ月待ちも頷けますね。

番外編:プロがおしえる最も高額な炊飯器
タイガー グランエックス

内釜が土鍋になっている炊飯器。
ゲストの佐藤エリさんも愛用されているそう。

まとめ

近頃の炊飯器の進化は目覚ましいものがありますね。

個人的に糖質制限ダイエット中なので炊飯器は持っていないんですが、最近はご飯を炊くだけでなく他のお料理もできる便利な調理器具だと思っているので購入を検討中です。

やっぱ日本人ならお米を食べなきゃ!ですな(笑)

2月19日中居正広さんMCの「なかい君の学スイッチ」は「芸能人が本当に買ってよかったもの」を学ぶスペシャル。 川田裕美さん・神田沙...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする