ドトールのプロ直伝!本当に美味しいコーヒーの入れ方!ドリップの量と温度もご紹介


みんな大好きコーヒー。
喫茶店のようなプロの味を楽しむのもいいですがお家で気軽に美味しいコーヒーを味わえたらサイコーですよね。

1月19日「メレンゲの気持ち」ではドトールコーヒーの豆の選定など味を一人で決めるというスペシャリストがお家で楽しめるおいしいコーヒーの入れ方を伝授してくれたのでご紹介したいと思います。

ハンドドリップで淹れるときのお湯の温度や豆の量など、美味しいコーヒーを淹れるために知っておいた方がいい基本やプロならではのちょっとしたコツもあるのでおウチのコーヒーでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ドトールでは味を統一するために1人の役員の方が全てを統括して味を決めているんだそう。
それが菅野眞博さん。
買い付け・焙煎・ブレンドを一人で請け負うコーヒーのプロフェッショナルです。

ドトールのプロ直伝!
美味しいコーヒーの淹れ方

1 コーヒーフィルターをドリッパーにセットする
⇨フィルターにお湯をかけて洗う

これが美味しく淹れるためのちょっとしたコツ。
コーヒーの香りを味わうためにペーパーの紙臭さを抜くというのがプロのテクニック。

2 24㌘のコーヒー豆を入れる
⇨コーヒー豆の表面を平らにする

3 コーヒーを淹れるのに適正の93℃のお湯でドリップする

コーヒーを淹れるためのポットにやかんからお湯を入れるとき、高い位置から沸騰したお湯を注ぐと適温になるんだそう。
プロは30㌢ほど上からポットにお湯を注いでいました。

4 最初に蒸らし湯でコーヒーの香味を十分に抽出
⇨15秒待つ

最初は真ん中から円を描くように外側に向かって1周お湯を注ぎます。
これでコーヒー豆がドームのように膨らんで香りを閉じ込めます。

5 15秒経ったらお湯280ccを3回に分けてゆっくり注ぐ

一連の動作はゆっくり行うことが美味しいコーヒーを淹れるためのテクニック。
早くやってしまうとコーヒーの味が荒れてしまうんだそうです。

お料理のレシピと一緒で美味しいものを味わうなら材料の量など知っておいた方がよいですよね。
コーヒースプーンでだいたいの量の目安をおぼえたら後は目分量でもいけますしね。

フィルターを洗うなどプロならではのちょっとしたコツをまねるだけで美味しいコーヒーが淹れられたらちょっと自慢できそう。

バターコーヒーなども流行っていますし興味のある方はぜひチャレンジを!

美味しいコーヒーを飲みたいけどお家にはコーヒーを淹れるための道具がないという方はこちらはいかがでしょうか。

カップにのせてお湯を注ぐだけでドトールの美味しいコーヒーが味わえますよ。

ちなみにネット通販の楽天市場でのコーヒー人気ランキングはこんなふうになっています。
check>>>【楽天市場】 コーヒー 人気の売れ筋ランキング

ブラックコーヒーよりカフェオレ派という方はこちら⇩

暑くなってくると冷たいドリンクが恋しくなってきますが、夏はアイスコーヒーという方も多いのではないでしょうか。 5月10日の「ヒルナ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする