いびき防止アイマスク・スノアサークル いびきを改善したい方必見!


3月19日「めざましテレビ」では快眠グッズを特集していました。

その中で安眠の邪魔をする「いびき」を防止するグッズが登場していましたが画期的だったのでこちらでもご紹介したいと思います。

それは「スノアサークル スマートアイマスク」。
センサーがいびきを感知していびきを止めさせるというものなんですが、いったいどのような仕組みになっているのでしょうか。

そしてその効果はどれくらいなのか口コミなども調べてみました。

いびきがうるさくて眠れない、いびきが気になってみんなで旅行に行けない、いびきのせいで安眠できず睡眠負債がたまり疲れがとれないなど、いびきでお悩みの方必見です。

スノアサークル スマートアイマスク
Snore Circle Smart Eye Mask

ウェザリージャパンさんの「スノアサークル スマートアイマスク」は特許取得の音認識と骨伝導技術によっていびきを感知。

すると内蔵されたマイクロサウンドとマイクロバイブレーションによって睡眠をさまたげない程度の微弱な音と振動を発します。

その音と振動の刺激で「ほぼ起きている状態」の覚醒状態に誘導、咽頭部の筋肉を収縮、いびきの原因であるのどまわりの筋肉のゆるみを軽減します。

いびきの原因とは

いびきをかく原因はいろいろありますが大きな原因の一つとして「舌がのどに垂れ下がるから」というのがあります。

仰向けで寝ている場合、舌がのどの奥に垂れ下がることで空気の流れが悪くなり空気が振動して大きな音をたてる、これがいびきの正体です。

舌が気道を塞ぐための空気が肺に入らず一時的に呼吸が停止してしまう症状が「睡眠時無呼吸症候群」

睡眠時無呼吸症候群の目安
10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上ある

この睡眠時無呼吸症候群になると酸素が心臓にいかなくなるため
・心筋梗塞
・脳梗塞
などを起こしやすい状態になり、突然死という恐ろしい結果を招くことにもなりかねません。 

そして睡眠時無呼吸症候群だと安眠できず睡眠の質を下げてしまうので疲れがとれず、昼間に眠くなることも多く仕事に集中できなかったり交通事故を起こしやすくなったりと生活にリスクをもたらす可能性が大きくなります。

【いびきをかきやすい原因】
❶肥満
太っていると舌も太るんだそうで、肥大した舌がのどの奥に垂れ下がるためのどを塞ぎがちになる
❷老化
加齢により舌のまわりの「舌筋」やのどまわりの筋肉が衰えるために気道を確保しにくくなる
❸小顔
小顔の人はあごまわり、特に下あごが小さいために舌を入れる部分が少なく後ろに下がってしまい、あおむけ寝になると舌が下がって気道を狭くしてしまうため
やせている人や若い女性でいびきをかく人はこのタイプ

いびきをやめさせる仕組みとは?

専門家によると、なんらかの刺激を与えて軽く起こしてあげると、のどまわりや舌の筋肉の緊張が元にもどり空気が通りやすくなりいびきが止まりやすくなるんだそう。

よくいびきをかいている人をゆすったりすると、本人は起きないのにいびきだけいったん止まるという話、聞いたことありせんか。

このスノアサークルスマートアイマスクは本人にしかわからない微弱な音や振動で「少し起きてる(安眠を妨げない程度)」状態にしいびきを止めるという技術を採用しています。

使い方はアイマスクを着けて電源を入れ寝るだけ。
連動するアプリもあり、いびきと睡眠の記録をとったりそれを分析することもできます。

そしてこのスマートアイマスクは重さが38gと軽量。
高密度ソフトスポンジを使用しているので睡眠の邪魔になりません。

折りたたんで持ち運ぶことも可能。
ふつうのアイマスクと同じ感覚で使うことができます。

30日間全額返金保証も付いているので安心してゆっくり試すことができるのも嬉しいですね。

このスノアサークルはアイマスク型ですがイヤホン型もあります。

スノアサークルの口コミは?

楽天市場でのレビューはまだ2件。
内容は

●使い始めてまだ1週間、今まで自分のいびきで起きていたのが全くなくなった。
寝てるときに舌の筋肉が弱くなって舌が落ち込みいびきをかいてしまうみたい。
このアイマスクの微かな振動で寝ながらハッと思うのか、全く熟睡で起きないけど。
アプリでも少しずついびきが少なくなってるのを確認できるし本当にびっくり!
旅行には絶対に持って行かなくちゃ(笑)

●イビキが凄い主人のため購入。
まだ使って2日目なので何ともいえないが、良さそうな感じ。
隣りで観察しているが、全てのイビキがなくなるというわけではなさそう。
すぐになくなるのか徐々になくなるのかわからないが、観察した感じだと大きなイビキが出始めると2.3回でピタッと止まった。
でも軽いイビキやそこまで気にならないイビキに関してはずっとでていたので、大きなイビキがでると感知して止めるのかなと考えている。
1カ月ほど様子をみてどう変わったかレビューを追加したい。

まだ少ないレビューながらある程度の効果は体感されているようです。

ずっと使えるものなので長期間使用した結果などのレビューもこれから出てくるのではないでしょうか。

いびきには横向き寝がおすすめ

そこまで重症でない方にはいびきを止める方法として「横向き寝」がおすすめ。

でも習慣でどうしても仰向けになってしまうという方は「リュックを背負って寝る」というのが効果的なんだそう。

ちょっと笑っちゃうような方法ですが、以前テレビでいびきがひどい男性何名かにこの方法を試してもらったところ全員にいびきの改善がみられました。

そのときは血液検査で疲れの度合いを測る実験もしていましたが、ほぼ全員が疲れがとれている、つまり熟睡できているという結果に。

お金をかけずに自力でいびきを改善したいと思っている方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いびきって意外と深刻な悩みになっている方が多いようで、シールやゴムなどいびき関連のアイテムも増加していますね。

実際睡眠時無呼吸症候群の症状が重症な場合、病院で「CPAP療法」という治療を受けないといけないくらいのレベルなんだそう。

そこまでひどくなる前に改善できるならそれにこしたことはないですね。

睡眠って思っているよりも自分たちの体に影響を及ぼすもの、人生の3分の1は眠りの時間というくらいだからこれからの快適な生活のためにも睡眠の質にはこだわっていきたいです。

最近よく聞くようになってきた「睡眠負債」。 睡眠不足や眠りの浅さによるダメージが日々積み重なって体に悪影響を及ぼすのはよく知られて...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする